どこまでも続く線路は
いつまでも続くわけではなかったんです。