MP-F60。韓国MPMAN社製。
MP3プレイヤーです。
なんじゃいそりゃ、とおっしゃる御仁もいらっしゃると思われるのでちょぴっと説明。

MP3プレイヤーとは、音源をMP3形式に圧縮して(1分1MBくらいに圧縮してくれます。音質は、CDとほとんど変わりません)、本体または差し込むメモリに保存して、ヘッドホンステレオのように手軽に持ち歩いて音楽を聞くモノ、です。

ずーっと欲しかったんですね、MP3プレイヤー。
だって単3電池一本でかなり動くし、メモリから音を読み出すので、モーターなどの駆動部分が無い、つまり壊れにくいし、何より小さい。MDプレイヤーよりちびっこです。デジカメ持って散歩するときや、旅行なんかに持ってくにも、カバンの中でかさばらずにとっても便利。胸ポケットに入れてもそんなに違和感無し。音がなけりゃ不機嫌になる人間にとっては、これほどありがたいものはありません。

さらにこのMP-F60に限って言えば、FMチューナー、ボイスレコーダー機能内臓、おまけにそれぞれが専用機並みの機能をしっかり持っていて、もう至れり尽せり。メモリも最初から128MB内蔵で、スマートメディアスロットに128MB1枚させば、CD並の音質でCD約4枚分の音源を持ち歩けます。さらにフロッピー代わりに他のデータも入れて持ち歩けます。
音源をMP3に圧縮するのは、もっぱらCDexで行ってます。5分くらいの曲で3分もかからずに圧縮してくれます。

考えをまとめたりとか、ただなんとなくとか、いろんな理由で散歩するんですが、街中のいろんな音に耳を澄ましたくないときもよくあって、そういうときにはホントに重宝します。
メモリには、PIZZICATO FIVEや、BJORK、LAURYN HILL、コルトレーンにバド・パウウェル、ブラームスにドビュッシー、もう雑多な音源が詰まってます。これだけ詰まっていれば、どんなシチュエーションでも、たいてい集中できます。

使い始めて4ヶ月くらいになりますが、ちょっと手放せそうにありません。
壊れたときのためにもう一台くらい買っとこうかな。