お香のかおりは部屋をすみずみまで侵し

私の心までを侵して

さっきまで確かに痛んだ亀裂から

ゆっくり私を

ひき剥がしていく。