今、世界中の家にあるDreamcastと、今、世界中の倉庫にあるDreamcast。どっちが多いんでしょうね。
いや、ほんとの話し。

学生のころ、友達の家ではじめてやったプロレスゲーム。それまではゲームなんて全く興味無かったんですが。ハマりました。元来のプロレス好きと、元来の組み立て好き。そのゲームでは見事にその二つが融合していて、なんと自分好みのプロレスラーを作る事ができる。しかも「それって名前あるの?」っていうくらいベーシックな技や、「ムヒヒッ・・・」ってなマニアックな技満載で、あれでハマるなっていう方が無理な話し。いや、ほんとの話し。

以来、そのゲームが発売されるたびに買いました。プラットホームが変わってもハードごと買いました。
そのゲームやっててよく思います。ゲームっていうのは、実は一番時代に寄り添ってるメディアだなって。ゲームで生き残ってる企業って、時代に寄り添ってる企業でしょ。いや、ほんとの話し。